コロナウィルス対策に歯磨きが大切

先日、「PRESIDENT」という雑誌を購入しました。

タイトルが「コロナに負けない!免疫力&歯みがき入門」

・ウィルス退治

・虫歯ゼロ

・口臭対策

・黄ばみ取り

※本書を実行すれば感染症リスク89.8%減とありました。

そしてなんと「医者が教える免疫力アップ・ミラクルフード」のページには

オージョワがJAPANセンターになっている【ASENTAR・アセンター】の主成分「アスタキサンチン」が抗酸化物質で免疫力アップと紹介されていました。

他にはブロッコリー、キャベツ、小松菜などのアブラナ科、玉ねぎ、にんにく、

キノコ類、果物、ナッツ類、にんじんなどのβカロテンの高い食品

タンパク質と鉄、亜鉛が豊富な牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉

EPA、DHAが豊富なお魚、青魚、カキ、白身魚のところにサケの写真に

アスタキサンチンと。いつも言ってますが毎日毎日サケやいくらを食べるのは

大変です💦

~だからアセンター!

この雑誌の中でデヴィ夫人は”歯磨き60年風邪なし病気無し”

”日本人ははへの意識が低すぎますわ”と。ご自身も28本すべての歯がご自分の

歯で、虫歯もまったくないそうです。少し前に80歳を迎えられたそうですが

通常は日本ではこの年齢だと自分の歯が20本の残っていればいいほうだそうです。全部残っているなんて奇跡だと歯医者さんから言われたそうです。

22歳でインドネシアのスカルノ初代大統領と結婚され大統領夫人となり外国の大使のかたとの晩餐会やパーティーなどの機会がありそこでは誰一人も楊枝を使わず、欧米では人前で楊枝を使うのははしたないこととされていることを知り、そのかわり皆さんが食後に歯磨きをされていることから、デヴィ夫人も食後に歯磨きをされるように。夫人はあたりめなどの歯ごたえがあるものがもともと好きだそうですが、それも楊枝ではなく歯磨きのブラッシングや歯磨き粉を工夫していつからかはそれが習慣になったそうです。

ちなみにデヴィ夫人の歯の磨き方は・・・

回数は朝起きた時、3度の食事後、寝る前と1日最低5回。合間にお菓子をいただいたときも磨くので6回や7回になることも。歯ブラシも硬さ形さまざまなタイプを用意して、その時々で使い分けているようです。汚れや挟まったものを取る固めのもの、歯茎用のやわらかいもの、奥歯周りの小さいもの、舌の汚れをとるブラシと。これを組み合わせ1回に2,3本使用してブラッシング。外出にも1本は持ち歩いているそうです。

日本のかたは歯磨きを横に動かず「横磨き」が多いそうですがデヴィ夫人は「縦磨き」これを十分におこなったあとに「横磨き」して歯茎をマッサージするそうです。

最後に「長生きしているかたはみなさん歯がきれいです。歯がきちんと噛み合っているかどうかで姿勢や歩き方、靴の減り方、疲れかた、体格まで変わってくるといわれています。歯の健康は全身の健康に影響を与える。元気に長生き=歯を大切に。ほとんど病気をしたことがないのも歯が健康だったらからだと思います。目標の108歳まで生きられるよう、これからもしっかり歯を磨き続けて、感染症だろうとなんだろうと病気なんて跳ね返していこうと思います」と夫人らしい芯のあるポジティヴな言葉で締めくくられていました。

まずは歯磨きの習慣から見直すことだなと思いました。

「食は命なり」とは言いますが、私たちの体にその命を運ぶために毎日

働いてくれている「歯」を大切にすることが健康の秘訣で、長寿の秘訣で

そしてウイルス、感染症も跳ねのける。

「腸内環境」「口内環境」にクローズアップです。

またウイルス対策の歯磨きのお話しも紹介させていただきます。

サロンドオージョワでは

純度99パーセント銀箔使用の歯磨き「Finefra」と

幹細胞培養上清を使用した「ORAL CX」

スペシャルな歯磨きを販売しています。

送料無料のお試しサイズもございます。

そしてアスタキサンチンの抗酸化物質が凝縮されたアセンター

一度飲んだ方は違いがわかる、体感できるサプリメントと好評をいただいております。ぜひ、ご覧ください。マスク10枚プレゼント中です。

SALON DE OJOIE 公式ショップ

https://ojoie.store/


投稿順 新着順


コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。